受付終了しました

たくさんのお申し込み、ありがとうございました。 郵送HIV検査キットの配送のお申し込みは3月21日まで、お手元にあるキットの返送期限は3月25日までです。

無料・匿名の郵送HIV検査の申し込みサイト。72時間以内にキットをお手元にお届けします。


郵送のHIV検査って意外に便利

指定の場所に郵送!

  • ご自宅
  • 郵便局留めでの受け取りも可能。
    ※郵便局留は引き取り時にIDの提示が必要。

好きなタイミングに自宅で検査できる!

検査キットをつかって、自分の都合のよいときに採血ができる。採血が終わったら袋にいれて郵便で送るだけ。

HIV検査だとわからない封筒で送付!

検査キットは白い封筒で送られるので、内容がHIV検査だとわからない。

匿名でもOK!

地元のバーなど受取可能な住所があれば、匿名でも問題ない。行ったことがなくても、ドリンクは飲まなくても大丈夫。

結果はウェブで確認できる!

ポストに入れて2〜3日後、ウェブにて結果が確認できるので、誰にも知られることはない。

【動画】郵送検査キット紹介動画


このHIV検査について

検査キットを受け取るまでの3ステップ

  1. 1 事前確認

    申し込むための同意チェック13

    事前アンケートへのご協力

  2. 2 申し込み

    外部リンクSTD研究所で申し込み可能

    郵送キット到着&返送

  3. 3 検査結果

    ウェブにて検査結果確認

    事後アンケートへのご協力(ギフトカードプレゼント)

HIV検査結果は下記のように表示されます。

陰性

HIVに感染していない。

確認検査

HIVに感染しているかを確認するためになるべく早く精密な検査が必要。

検査不能

送付された血液が足りないなどの理由で、検査ができなかった。

ウインドーピリオドについて

(感染してから、検査で検出できるようになるまでの空白期間のこと)

この検査は、感染可能性のある行為から90日以上経ってからの検査をおすすめする。

心配されるリスク行為から90日未満でこの検査を受けた場合、リスク行為から90日経ってから再度検査を受けることをおすすめする。


HIVの症状って何があるの?

HIVとエイズは違う!!

HIVに感染すると数年〜10年で免疫が下がり、エイズの症状がでる。

初期症状、発症の症状でよくあるものは?

感染初期にはインフルエンザのような症状が出ることがある。免疫が下がると、帯状疱疹が繰り返し出る、体調不良、呼吸が苦しくなることがある。

健康のためには定期的な検査が大切!

アメリカでは年に1度のHIV検査が勧められている。前回受けてからしばらく経つという方、ぜひこの機会に検査を受けませんか。

【動画】HIVとエイズは違う?

【動画】HIVのよくある症状

【動画】健康のためには定期的な検査が大切!


U=Uって何?

抗HIV薬は今も進化している

現在、治療は副作用が少なく、1日1回の服薬で、2〜3ヶ月に一度の通院で体調チェックをしながら、これまでの生活を続けている。

早期に治療すると相手に感染させない

HIV陽性とわかった人は抗HIV薬を飲むと、ほとんどの人は血液中からHIVが見つからないレベルになる。この状態が6ヶ月以上続くとセックスでHIVが相手にうつることがなくなる。

性感染症の予防にはコンドームが有効

HIV陽性の人も、陰性の人も検査を受けたことがない人も、性感染症の予防にはコンドームがもっとも有効。PrEPを使っている場合にもコンドームが必要。

【動画】早期に治療すると相手に感染させない!

【動画】現在の抗HIV薬は進化している!


もし…感染してたらあれこれ心配

費用負担を助成する制度がある!

抗HIV薬は月に20万円前後かかる。しかし、身体障害者の認定を受け、健康保険と併用することで、自己負担は0〜2万円、多くの人は月1万円で薬を入手できる。

プライバシーは守られる!

HIVの診療は健康保険を使う。しかし、病名が会社や学校に直接、伝わることはない。

治療することで長生きできる!

HIV陽性者も治療技術の進歩で長生きできる時代に。欧米の研究では未感染者と寿命が変わらないという報告もある。

心配なら相談ができる!

ぷれいす東京などの相談機関が、フリーダイヤルで匿名の相談も受けている。情報を増やしつつ、気持ちを整理しつつ、これまでの生活を続けよう!

【動画】費用負担を助成する制度